2014.05.12 Mon
ハワイアン・ソングの歌いかたハワイアンsong歌いかたHawaiian
アネラのラブリーハワイアン♪の時間です

今回は、声門閉鎖音(咽頭閉鎖音/声門破裂音)について、ちょこっとだけお勉強(^_-)~

歌うときは、会話をするときに使われる調声(平たく言えば発音のしかた/もっと平たくいえは、声の出し方)と区別されるときがあります。

それは、歌が会話とちがって“音程”“リズム”“発声”などに常に縛られる性質のものだから。

ハワイアンソングのなかで、ハワイ語の歌詞で歌われるものは、会話をするときの発音とは音質に違いがありますょ。


'okina って呼ばれる音声は、基本的にはこの“声門閉鎖音”のことを指しますが、これは、音素(主観的な音の種類)の少ないハワイ語の会話においてはその調声方法論が非常に厳密に定義付けられています。

咳をする直前に一瞬だけ咽頭の気流を遮るように、発声する直前に肺から咽頭を通る息の移動を声帯の閉鎖運動によって止める作業によって生じる無声音のことを指します。

ダメだ、なんかまた難しいねぇ。。。


では、これはどうでしょう?

日本語の小っちゃい「っ」の音。

「行った」
「やった」
「そっくり」

‥‥などの単語に見られる、促音便は、短歌や俳句を詠むときに、前後の文字と同じだけの時間をとり、ともに1拍としてカウントされます。
この、「間」というか「無声の時間」の調声運動が、ハワイ語の'Okina の調声と非常に近いのです。

日本語を母国語として普通に話せる人なら、この間を充分に空けることができるはずですね。

逆に、外国人に良く見られる発音で、
「行ってきます」→「イテキマ~ス」
「待ってください」→「マテクラサ~イ」

などのように聞こえることがありませんか?

これは、声門閉鎖音がある言語とない言語との差によるものです。
声門閉鎖音がない言語を母国語として育った国の人びとにとって、この「間」は、言語の一部とは認められず、単に会話が途切れた瞬間でしかないのです。

日本語には、ありがたいことに、ハワイ語に近い音素があるんですね。

ただし、日本語とハワイ語の間にも、決定的な違いがあるんです。

声門を閉鎖している時間の長さが違うのです。

日本語の中では、きちんと1拍分の時間をとりますが、ハワイ語ではそれほど長くは取りません。

どんなに長くても、日本語の促音便の半分ぐらいの時間になります。
そして、歌を歌う中では、さらに短い時間となる場合が多いのです。

それから、日本語の促音便は多くの場合、「か行」「た行」「ぱ行」など、子音群の特に破裂音の直前に来ます。
しかし、ハワイ語の声門閉鎖音は、必ず母音の直前に来ます。

日本語には「っあ」とか「っい」などという文字列は来ません。

同じく、「な行」「は行」「ま行」「や行」「ら行」「わ行」の直前にも日本語の促音便は置かれません。
もちろん外来語や固有名詞には、付くことはあります。
(例)「アッラーの神」なと。

ハワイ語は、この'Okina の有無によって少ない音素の数を倍に増やし、両者の音の差で意味の使い分けをしています。

「ha'ina」と「haina」はともに区別なく「ハイナ」と流れるように読んでしまいがちですが、両者は全く違う意味を持った別の単語になるのです。

敢えて仮名をふるなら、前者は「ハッイナ」とふるべきでしょうか。
ただし、これを4拍で読むのではなく、「ハイナ」の時と同じく3拍の中に捩じ込まなくてはなりませんよ
歌の中では特に、お玉じゃくしの拍数や長さに合わせて、時間を調節しないといけないんですね。


どうでしたか?

難しいですか?

理解はしたけど、実践は難しいなぁ‥‥と感じたかたは、ぜひ一度カイノア・スタジオに遊びに来てみてください。

03-3365-5751

ハワイアン・ソングの体験レッスンもやってます



by アネラ
スポンサーサイト
| アネラ ブログ / Anella Blog |
プロフィール

ハワイアン シンガー Anella アネラ

Author:ハワイアン シンガー Anella アネラ
『第一回ハワイ・ミュージック・アワード・ジャパン』(HMAJ)2015日本ハワイアン アルバム最優秀賞。
ナホク ハノハノ アワード最優秀アルバム賞ファイナリスト。
『ハワイ・ミュージック・アワード2006最優秀アルバム賞』グランプリ受賞。
'Hawaii Music Awards' winner.
2007江ノ島音楽祭『ベストボーカリスト賞』
日本最大規模のウクレレHo'ikeを毎年主催。
アネラ ソロ アルバム第2作”Anella"好評発売中。
■誕生日/7月4日
■出身大学/早稲田大学
■好きな食べ物/白いごはん
■職業/ハワイアン歌手 ミュージシャン、ウクレレ奏者、プロデューサー、声優、司会
■役職/(株)鴻池プロダクション取締役
■レッスン/カイノア ミュージック アカデミー講師として関東中心にウクレレ&ハワイアン・ヴォーカルを指導中
■FMブルー湘南「鴻池薫&アネラのフライデー・ナイト・ハワイアン」レギュラー出演中
■レディオ湘南「ざいつきげんの音楽鍋」FM83.1MHz 19:00~20:00 2006年4月~2007年3月まで出演
■CD/ラッツパック レコードより発売中
・鴻池 薫ソロCD「カイノア~きらめく海を見つめて」2000年作
・鴻池薫フィーチャリング「カイノア ソウル フレンズ」2002年作
・『KAINOA-BLUES-ROCK-FRIENS』が『ハワイ・ミュージック・アワード2007』にて受賞
■アネラ ソロCD「天使の住む島/アネラ」(SPIRIT OF J LABEL SJCD-0001)
・2005年9月作。『ハワイ ミュージック アワード2006』で『インターナショナル ハワイアン アルバム賞』グランプリ受賞。
江ノ島音楽祭ベスト・ボーカル賞受賞。
・セカンド アルバム『Anella』で『ナ ホク ハノハノ アワード(Na Hoku Hanohano Awards)2015』最優秀アルバム賞ファイナリストに選ばれ、同年『第一回Hawaii Music Awards Japan』にて2015年 日本ハワイアン アルバム最優秀賞グランプリに輝く。

CD

天使の住む島
定価\1,680
鴻池ファミリーの秘蔵っ子シンガー・アネラ。鮮烈なボイスとサウンドでソロ・デビュー!!

ご購入はこちら

楽曲ダウンロード
パラダイス昭和 にて楽曲ダウンロードサービス開始!
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
アクセスカウンター