2009.10.17 Sat
20091017105915
20091017105914
“アクオス”の地デジ対応型テレビ、一目惚れして衝動買いしちゃいました!

そもそもテレビはほとんど見ないので、べつに必要ないかな…と思っていました。
夏に壊して以来ずっと家にテレビが無いままの生活をしていたんです!!
(^^ゞ
英才教育でたたき込まれた絶対音感があるせいでしょうか、“音”には過敏に反応してしまうようなんです。
壊れる前も、仕事や勉強の邪魔になるような気がして、敢えて音をオフしたまま映像だけオンにして、ずっとインテリアの一部になってたりしました。

けど実際問題、来年からアナログ放送が全面廃止になると聞き、さすがに何にも無くなっちゃうのもなぁ~と思って。

まぁ、お仕事の邪魔にならない程度に楽しみたいと思います。
スポンサーサイト
<<リハーサル | アネラ ブログ / Anella Blog | 秋GIGs>>
【2009/10/18 23:05】URL | JiM #-[ 編集]
「たたき込まれた絶対音感・・・」

と云うことは平均律のピアノ伴奏とは相性が合わないと云うこと?
(ど素人の質問かも・・・)
【2009/10/18 23:37】URL | JiM #-[ 編集]
<訂正>
ヨメさんに確認したところ「絶対音感は基準の音(ex.Aの音叉など)がなくてもピアノの平均律の音(ドレミ)が分かる(と云う意味のこと)」なので、[2009/10/18 23:05]の質問は撤回します。
失礼しました。
【2009/10/19 01:51】URL | Anella #-[ 編集]
JiMさん、鋭いご質問ありがとうございます!

そうですね。いわゆる絶対音感“Perfect pitch”と言う言葉の概念には、認識のしかたに幅があるようですね。
(奥様のご説明、とても分かりやすいですね!)
(^_-)☆
音感はあくまで人間の感覚であって、機械のように1か0かではなく、鋭いか鈍いかです。
ちなみに、私の場合はたぶん先天的にそなわったものではなく、三歳から十代まで習っていたバイオリンがきっかけではないかと思います。
耳に入る音(話し声や雑音など)を意識的にドレミなどの音階で識別できる程度のもので、幼児時代の脳構造からしてみれば、決して特別な現象ではないようです(^^;)トホホ。
わたしの周りのミュージシャン仲間なんか、もっとすごい耳の持ち主がゴロゴロ居ますからねぇ。。。

「音楽」という芸術を「音階の序列」としか捕えられない機械のような耳は、むしろ音楽家にとっては邪魔です。
せっかくなので、この話題はまた追ってゆっくり記事にアップして行きたいと思います!
(^_-)~
【2009/10/20 17:06】URL | JiM #-[ 編集]
バイオリンで養われたと思われる絶対音感・・・納得です。
基本的に「純正律の(だと思っている)フレットレスのバイオリン」で鍛えられた音感と、「平均律のピアノやフレットのあるギターなどとはやはり感覚的に相性が悪いと云う事」はまんざら間違いでもないかも・・・^_^
【2009/10/21 08:04】URL | Anella #-[ 編集]
JiMさん
言われてみれば、バイオリンとピアノは厳密には相性が悪いのかも知れませんね。
「純正律と平均律の歪みから生じる微妙なヘルツの誤差に違和感をいだく人」が常に一定の割合で世の中に居る以上、JiMさんの最初の疑問は実はなかなか興味深い分野だと思います。
音楽も数学や科学がベースにあるなら、当然割り切れない端数が出ちゃうのも納得です。

大学の時、先生に絶対音感の定義を聞きました。
やはり奥様のおっしゃる通りです。
複数の音との前後間隔からヒントを得て相対的に判別するのではなく、音そのものを絶対的に識別できる能力だそうです。ただ、同じ絶対音感の持ち主であっても、鋭さのレベルにはかなり差があるようですよ。














管理者にだけ表示を許可する
| アネラ ブログ / Anella Blog |
プロフィール

ハワイアン シンガー Anella アネラ

Author:ハワイアン シンガー Anella アネラ
『第一回ハワイ・ミュージック・アワード・ジャパン』(HMAJ)2015日本ハワイアン アルバム最優秀賞。
ナホク ハノハノ アワード最優秀アルバム賞ファイナリスト。
『ハワイ・ミュージック・アワード2006最優秀アルバム賞』グランプリ受賞。
'Hawaii Music Awards' winner.
日本最大規模のウクレレHo'ikeを毎年主催。
アネラ ソロ アルバム第2作”Anella"好評発売中。
■誕生日/7月4日
■出身大学/早稲田大学
■好きな食べ物/白いごはん
■職業/ハワイアン歌手 ミュージシャン、ウクレレ奏者、プロデューサー、声優、司会
■役職/(株)鴻池プロダクション取締役
■レッスン/カイノア ミュージック アカデミー講師として関東中心にウクレレ&ハワイアン・ヴォーカルを指導中
■FM西東京「鴻池薫&アネラのミッドナイト ハワイアン」レギュラー出演中
■レディオ湘南「ざいつきげんの音楽鍋」FM83.1MHz 19:00~20:00 2006年4月~2007年3月まで出演
■CD/ラッツパック レコードより発売中
・鴻池 薫ソロCD「カイノア~きらめく海を見つめて」2000年作
・鴻池薫フィーチャリング「カイノア ソウル フレンズ」2002年作
・『KAINOA-BLUES-ROCK-FRIENS』が『ハワイ・ミュージック・アワード2007』にて受賞
■アネラ ソロCD「天使の住む島/アネラ」(SPIRIT OF J LABEL SJCD-0001)
・2005年9月作。『ハワイ ミュージック アワード2006』で『インターナショナル ハワイアン アルバム賞』グランプリ受賞。
江ノ島音楽祭ベスト・ボーカル賞受賞。
・セカンド アルバム『Anella』で『ナ ホク ハノハノ アワード(Na Hoku Hanohano Awards)2015』最優秀アルバム賞ファイナリストに選ばれ、同年『第一回Hawaii Music Awards Japan』にて日本ハワイアン アルバム最優秀賞グランプリに輝く。

CD

天使の住む島
定価\1,680
鴻池ファミリーの秘蔵っ子シンガー・アネラ。鮮烈なボイスとサウンドでソロ・デビュー!!

ご購入はこちら

楽曲ダウンロード
パラダイス昭和 にて楽曲ダウンロードサービス開始!
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
アクセスカウンター