2010.04.01 Thu
falsettoハワイアンファルセット ハワイ語
「アネラのラブリー・ハワイアン」、続けて行きますねー。


☆地声&裏声のコンビネーション


第1回目のVol.1では「裏声」のお話を、第2回目のVol.2では「地声」のお話をしましたよね。

裏声が「ため息」に近い声質なのに対し、地声は「怒る時の声」なのでした。

だいぶ難しい内容だったはずですが、皆さんいかがでしたか?
コメント欄のほうにはご質問は特に無かったので、このまま次のステップへ進めて行きたいと思います。


ハワイアン音楽の中でもフラとの絡みでよく耳にする「フラ・ソング(Hula-songs)」は、地声と裏声を交互に組み合わせて歌われる場合がほとんどです。
一曲の中で、地声から裏声へ(裏声から地声へ)と、声の質をチェンジする場面が何度もあります。

このようなフラソング独特の発声法は、ヨーロッパ音楽の「ヨーデル」に非常に近いと言われています。

声質を変化させるときは、クラシックなどのように2つの音色の境目を徐々に(ばれないように)変化させるのではなく、ハワイアンでは瞬時にくっきりと変化させるほうが良いとされています。

練習方法としては、まず最初のステップでは「母音」で「地声から裏声へひっくり返す」という練習をしていきます。

母音は「あ」からスタートします。

大きく息を吸って、「あー」と長く伸ばしてみてください。
そのあいだ、

?前半を低音の地声
?後半を高音の裏声

にして一息で発声してみてください。

それが出来てきてから、母音を「お」「う」「え」「い」の順番で変えて、まったく同じように1音ずつ練習します。

「あいうえお」の順ではなく「あおうえい」にするのには、ちゃんと声楽的な理由があります。
難易度を徐々に上げていくための計算された順番なのです。

これらのプロセスが出来てから、今度は逆に「裏声から地声」へと同じように進めていきます。(?高音の裏声から?低音の地声へと、順番も逆になります。)

アネラクラスのボーカル講座を受けたことのある方々は、イメージしやすいと思いますが、例の「いやだわぁ~」と言う時の声質を使うあの「セリフを使った練習法」も有効だと思います。

あの練習法(?)と言われても、ちんぷんかんぷんな方々のために説明を捕捉しますね。

「いやだわぁ~」
というセリフを、語尾を極端に上げて、言ってみて下さい。

「?いやだわ/?ぁ~」
のように、2つのパーツに分けて考えます。

?前半を低音の地声で、
?後半を高音の裏声で、発声(発音)するのです。
?と?はできれば1オクターブ近くの音程差をつけて言ってみましょう。

ここで注意することは、?と?をなめらかにつなげるという点です。
不自然に間隔を空けたり、ましてや2回に分けて発音するのではありません。
音程と声質だけを変えて、自然にひっくり返った感じで「話す」のです。

あくまでも日常の会話に出てくるようなセリフとして、素直に発音することがポイントです。

ちなみに、ハワイ語の母音の数は、基本的には日本語と同じで「五つ」とされています。

「a」「e」「i」「o」「u」

これらの母音の音素(音声学上いちばん小さい発音の単位)に、それぞれ「オキナ」や「カハコー」と呼ばれるハワイ語独自の記号を付けてアレンジした結果、合計15音の母音が派生しています。

とはいえ、母音の音素については、基本はたったの5個!
聞こえてくる音は日本語もハワイ語もほぼ同じ音なので、とても簡単ですね!


次回は「ハワイ語の母音」について、さらに詳しいお話を続けて行きたいと思います。
スポンサーサイト
<<ライブ(*^-^*)~ | アネラ ブログ / Anella Blog | ライブ@アロハ・ヘブンのお知らせ>>
【2010/04/02 09:42】URL | 南大沢 田中 #-[ 編集]
『アネラのラブリィ-・ハワイアン』毎回楽しく勉強させて頂いております。
とは言っても地声から裏声への移行は、先生の講義で理屈では分かっているつもり
なんですが、実際に声に出してみるとひっくり返らず、すってんころりんこけてしまってヒーヒー言ってます。難しいです。
でも頑張るぞ~~~!
【2010/04/02 10:29】URL | Anella #-[ 編集]
田中さん
練習して下さってるのですね!ありがとうございます。
たしかに難しいですよね。
理解&実践することはもちろん難しいのですが、それを字面で説明するのも同じくらい難しいですよ。トホホ(笑)。
でも大丈夫、田中さんはレッスンの中で実際にちゃんと正しく出来ていらっしゃいましたよ!
Vol.3の内容は、フラソングの中で最大のキーポイントであり、最大の山場だと思います。
これからも、一緒に楽しみながら続けていきましょうね(^_-)!














管理者にだけ表示を許可する
| アネラ ブログ / Anella Blog |
プロフィール

ハワイアン シンガー Anella アネラ

Author:ハワイアン シンガー Anella アネラ
『第一回ハワイ・ミュージック・アワード・ジャパン』(HMAJ)2015日本ハワイアン アルバム最優秀賞。
ナホク ハノハノ アワード最優秀アルバム賞ファイナリスト。
『ハワイ・ミュージック・アワード2006最優秀アルバム賞』グランプリ受賞。
'Hawaii Music Awards' winner.
2007江ノ島音楽祭『ベストボーカリスト賞』
日本最大規模のウクレレHo'ikeを毎年主催。
アネラ ソロ アルバム第2作”Anella"好評発売中。
■誕生日/7月4日
■出身大学/早稲田大学
■好きな食べ物/白いごはん
■職業/ハワイアン歌手 ミュージシャン、ウクレレ奏者、プロデューサー、声優、司会
■役職/(株)鴻池プロダクション取締役
■レッスン/カイノア ミュージック アカデミー講師として関東中心にウクレレ&ハワイアン・ヴォーカルを指導中
■FMブルー湘南「鴻池薫&アネラのフライデー・ナイト・ハワイアン」レギュラー出演中
■レディオ湘南「ざいつきげんの音楽鍋」FM83.1MHz 19:00~20:00 2006年4月~2007年3月まで出演
■CD/ラッツパック レコードより発売中
・鴻池 薫ソロCD「カイノア~きらめく海を見つめて」2000年作
・鴻池薫フィーチャリング「カイノア ソウル フレンズ」2002年作
・『KAINOA-BLUES-ROCK-FRIENS』が『ハワイ・ミュージック・アワード2007』にて受賞
■アネラ ソロCD「天使の住む島/アネラ」(SPIRIT OF J LABEL SJCD-0001)
・2005年9月作。『ハワイ ミュージック アワード2006』で『インターナショナル ハワイアン アルバム賞』グランプリ受賞。
江ノ島音楽祭ベスト・ボーカル賞受賞。
・セカンド アルバム『Anella』で『ナ ホク ハノハノ アワード(Na Hoku Hanohano Awards)2015』最優秀アルバム賞ファイナリストに選ばれ、同年『第一回Hawaii Music Awards Japan』にて2015年 日本ハワイアン アルバム最優秀賞グランプリに輝く。

CD

天使の住む島
定価\1,680
鴻池ファミリーの秘蔵っ子シンガー・アネラ。鮮烈なボイスとサウンドでソロ・デビュー!!

ご購入はこちら

楽曲ダウンロード
パラダイス昭和 にて楽曲ダウンロードサービス開始!
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
アクセスカウンター